「ローレライ」観ました。

800円で見れる券貰ったので、ユナイテッドシネマで観てきました。なんか200円払うと、音声にあわせて席がぶるぶるするシステムで堪能できたようですが、気づいたのが終わった後でした。
(T△T)
 お客は、6割くらいの入りで女性客結構いました。ミリタリー系は見つけれらず、一般人に見えんこともないけどヲタ系の人ぱらぱらと。
役所広司、堤真一、柳葉敏郎の演技は見れる範囲として(「おしゃれ関係」で親ばかぶり炸裂させていた柳葉敏郎の素の演技か?)、妻夫木聡と佐藤隆太が「お国の為に死ねます」な軍人顔してないので、「これ、戦中戦後の話と思ったらあかん。パラレルワールドと思おう」と割り切って鑑賞。
 感想。黒いプラグスーツのおねーちゃんが悶えてるな~。あのシーン「トップをねらえ!」やな~。この形状「ナディア」やな~、このシチュエーションやっぱり「ナディア」やな~、「エヴァ」でもいいけど・・・・・・・。
 ひぃぃぃぃぃ! ごめんなさい! 私はそんな風に楽しんでました…。
 2時間以上あるに時間を忘れるくらい良かったと思います。
 ところで、サブカル系のクリエイターがメジャーで仕事をする場合、ジブリ系かKレコード○月経由でないとあかんのでしょうか(w)
[PR]
by kouyu0h | 2005-03-06 22:12 | さぶかる(ヲタ)話
<< NHKの現金収入・・・ 線路は続くよーどこまでもー! >>