何故、心配するのを止めて判事さんはクリーニング屋さんを訴えたか?

Excite エキサイト :ズボン1本紛失で65億円請求 米判事訴えに批判が噴出

 ワシントンの地裁で12日、裁判所判事がクリーニングに出したズボンがなくなったとして、クリーニング店の店主一家に約65億円の損害賠償を求める訴えを起こした・・・。
さて、何故、判事さんは65億円もの損害賠償を求める訴えを起こしたのか・・・。

これは、約65億円の真相である・・・。




登場人物
ピアソン氏=黒人の判事さん
店主=コリアン系のクリーニング屋さんの店主
店主の嫁=コリアン系でクリーニング屋の店主の奥さん



ピアソン氏「このズボン、よろしくお願いします」
店主 「わかったニダ!」
ピアソン氏「2日後に仕事で使うので、くれぐれもお願いします」
店主 「うるせえよ黒人のくせに!とっとと帰れニダ!」
店主の嫁「あんた! このズボン高級品よ」
店主   「黒人のくせに生意気ニダ!いただいて売り飛ばすニダ!」

 ~数日後~

ピアソン氏「すみません、ズボンは?」
店主    「ああ、無くなったニダ」
ピアソン氏「ハァ?」
店主    「クリーニングやってればよくあることニダ!嫌なら自分で洗え!」
ピアソン氏「ハァ?」
店主の嫁「そうニダ!黒人のズボンなんて洗ってやるだけ感謝するニダ!」
ピアソン氏「なんなんですか、訴えますよ?」
店主   「フン!黒人が、そんな金も知識もないくせに!」
店主の嫁「でもあいつ、本当に訴えそうニダ・・・」
店主   「じゃ、安い古ズボンでも渡してやれば引き下がるニダ」

 ~数日後~

店主   「ほれ、お前のズボンニダ」
ピアソン氏「これは違いますね。私のズボンを返してください」
店主の嫁「キィィィィ!うるさい黒人ニダね!何様のつもりニカ!?」
ピアソン氏「・・・OK。もうこの店には来ません。次は法廷でお会いしましょう」


店主   「あ、あいつ判事だったニダ!やばいニダ!!!」
店主の嫁「あんた!他の客にやってたこともバレてるニダ~」
店主と嫁 「(ガクブルガクブル)」          ←今ここ


なんで、チャイナとかコリアンって黒人差別しまくる?
これはなくしたとかより黒人差別による約65億円請求か?

この作品は多分フィクションです・・・。

[PR]
by kouyu0h | 2007-06-13 22:27 | 時事ネタ
<< 胃袋痛くて午前休 渋谷にて >>