攻殻機動隊2.0

出勤日だったけど、午前休頂き新宿へ。

相方と待ち合わせてミラノ座に。
2000円の指定席だけど、後ろの方。

映画は見やすそうだけど、舞台挨拶は・・・。
008.gif
気付けば立ち見出てやんの!





すげー!
終わった後に舞台挨拶がはじまり。
司会の女性が
「当時、劇場で見られた方?」
挙手したのは、全観客の1割に満たず・・・。
その1割に満たないなかに私は入ってたのさ!
当時、テアトル梅田の場所がわからず、
西神オレンジシネマに見に行ったよ。当時の客入りから考えたらすごいわ~。

某映画番組にて。
「東京ファンタスティック映画祭」で上映されてた「攻殻機動隊」の感想が
「すごい、すごい」だったので、見に行ったらホントすごかった。
イントロから痺れた。
劇場で見て良かったと思った。
あれから10年以上経つんやね・・・。

で、司会の前振りのあと
押井守監督、田中敦子さん、大塚明夫さん、榊原良子さんが舞台に出てきた。
大塚さんでかい!田中さん背が高い!田中さん見て、萌え死にそうになった!
榊原良子さんは、セリフ全部覚えたとか、家弓さんの人形遣いをすごく気にされていた。
押井監督曰く
「アニメションのピーク時に作られた作品。
これに関わったスタッフの6割くらいは監督になってる。
映画は、出来てからではなく、観客に見られてから真の価値がある。」
みたいなこと仰ってた。
http://www.cinematopics.com/cinema/c_report/index3.php?number=3472

出てくる頃には、16:00の回にすごく人が並んでた。
中には白人の外国の人も。すげー!

感想:
イントロ。ゲーム版の素子さん?
メーキングオブサイボーグのopやCGパートは変えられてる。
キャストが一部変更。
劇場のシステムが悪いのか、音響が・・・。
人形遣いが女性に変わったことでバトーさんの印象が微妙に違う。
前作。後から出てきた男が素子にプロポーズして素子も受け入れた。
2.0。凄腕女性社長にヘッドハントされて、素子は受け入れて言ってしまった。
そんな感じ・・・。
2.0だと、「イノセンス」に繋がらないんだろうな・・・。
[PR]
by kouyu0h | 2008-07-13 22:05 | さぶかる(ヲタ)話
<< プチホームステイ 小学館に思うこと >>