<   2008年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

小学館に思うこと

小学館の体質を数年前から疑問をもってた。

少女コミックのえろ路線とか。
お年頃だから、愛情表現としての濡れ場ってか多少必要かもしれない。
「ふしぎ遊戯」とか好きだったし。
が、もうなにこのレディコミ!な感じだった。
子供には絶対読ませたくない。「週刊少年ジャンプ」系でええわ!

数年前の新聞にて。
ネットで使える顔文字特集を小学生雑誌に掲載する際。
アダルトグッズのバナー広告部を黒く塗りつぶして掲載。
読者の保護者からの指摘に「塗りつぶしておけばいいと思った」とのこと。
これ使えるよって、紹介してるって事は、読者の子供はア ダ ル ト グッズのバナーにふれる可能性もあるのに。
アフォですよね。

先週木曜売りの女性セブン
秋葉原無差別殺傷事件の犯人について。
「アニメオタクでゲーム好きで、プリキュアなどのロ リ コ ンアニメを見ていた」等の記事。
他の女性誌ならいざしらずが、
プリキュアって講談社かもしれないけど、
今「少年サンデー」と講談社の「少年マガジン」って50周年記念で提携してるよな!
小学館って10年以上前、講談社のセラムンのパクリアニメ「ウェディングピーチ」出してたよな!
「ないしょのつぼみ」のOVAって、小学生対象の性教育アニメとして発売してるみたいだけど、
どう考えてもアキバ系の奴らが購入対象としか思えないんだが。
ゲームは「コロコロ」だし、
アニオタ対象のライトノベルレーベル「ガガガ文庫」って小学館だよね!
など、つっこみどころ満載。

一連の漫画家さんへの酷い扱いを思うと・・・。

小学館は、雑誌の誌面さえ埋まれば自社ブランドで何扱ってるのか、
読者にどういう影響を及ぼすのかなど全く関係ないのかもしれない!。
[PR]
by kouyu0h | 2008-06-15 19:37 | さぶかる(ヲタ)話